2011年12月29日木曜日

えぇ、ビビってます。

クリスマスも終わっていざベネズエラへ。

ついに南米に上陸だ。
自分の中の期待感が最も高い地域だったりする。
記念すべき南米最初は
ベネズエラの首都カラカス。

南米でもっとも治安の悪い町だ。
旅人の間でもよくあそこは治安が悪い!
とかそういう情報のやり取りが一番多い。
でもほとんどが聞いてたほどじゃなかったよ。
とか
気を付けてれば、ほかの人はいい人が多くていい国だった。
など、言われているほどではない所が多い。
だが、ここベネズエラ、カラカスは違う。
なんせ、あまりフォローするような経験談を聞かない。
実はいいとこだった、なんてカラカスについては聞いたこともない。
そんなところにやってきました。

ということでこの国はさっそく両替からおかしい
ここベネズエラでは、公定レートと闇レートがある。
公定レートでは1us$=4ボリーバルちょっと。
闇レートでは1us$=8ボーリバル近くと2倍近く違う。
到着ロビーに着くと早くもお腐れ空港職員が闇レートでの
両替取引を持ちかけてくる。
「7.5でどうだ?」
みたいな感じで。そのまま交渉をすすめ7.8くらいで交渉。
そのまま全く人気のないエレベーターの中に誘い込まれ取引。
めちゃめちゃビビってたけど取引は無事成功。
ちなみにこの取引が警察に見つかったりするとそのお金は
警察にまきあげられてしまうらしい。
当然巻き上げたお金はそのままお腐れ警官さまの懐へ。。。

あとで胡散臭いオヤヂから1ドル=8ボリで取引を持ちかけられ
かなりがっかりした

そのまま深夜の空港外に出るのは自殺行為なので空港内で夜明かし。
翌朝、確実に明るくなった7時ごろまで粘り、歩いて国内線空港へ。
国内線は年末ということもありかなりごった返している。
そんななかエンジェルフォールツアーで有名なシウダーボリーバル
行きのチケットを買うべく並んでみる。
後方は列になっているが、受付近くになると列が乱れ団子状に。
それにつられて後から来たやつらが横入りしていく。
どうやらベネズエラ人は列に並べない民族らしい。
これは参った、せっかく空港泊したのに今日のチケットが買えそうにない。
ということで自分もガスガスと横入りして何とかチケットゲット。
といっても午後4時発だ。6時間以上あるじゃねぇかorz
まぁチケットゲットして一安心できたのでそのまま床でお昼寝。
いい時間になったので移動していざフライト。

実は変えたチケットはシウダーボリ行きではなく、そこまで1時間の
プエルトオルダス行きだった。着いたらもう真っ暗でシウダーボリまで
移動するなんてとてもではない。
仕方ないのでそのまま空港でタクシーと宿を手配して本日は1泊。
高くついてしまった。チクショウ。

翌日はバスでシウダーボリに向かった。いよいよエンジェルフォールだ。

※今回の区間は非常に雰囲気の悪い場所を行き来したため
カメラを取り出すことができませんでした。∴写真がない(T T)

1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除